FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

1

無事、到着。まずは、トスカーナの海辺の町から。


(1)
トスカーナ州の海沿い町、チェチナ。そこから内陸に向かって、さらに4~5キロほど山道を登っていったところにある小さな小さな村、リパルベッラ。そこからさらに丘を上ったところに住んでいる、クラウディアとマリオ夫妻の家が、今回の旅の始まり。
私がこの家に初めて来たのは、2001年の秋。ボローニャでのステイ先のマンマに、「知り合いで料理狂いの農家の主婦がいるから、料理を習ってくるといい!」と送り込まれたのが最初だった。

息子のMも、生後8ヶ月のときに初めてここを訪れて以来、もう4回目。
この家のテラスから一望できるトスカーナの丘、そしてその向こうには、エルバ島まで見渡せる海。そして新鮮な海の幸と、マリオが狩って来たイノシシの味がすぐに恋しくなって、何度も通っている。
今回は、お隣に新たに牧場が新設されていて、ベランダからの眺めにまたひとつお楽しみが…。
(2)



(3)

今回は、彼も料理修業?私とクラウディアが料理にとりかかりはじめると、マイ・エプロンを取り出して、身支度を始めている。

今年の春は、イタリアも異常気象で雨ばかりだったとか。秋の名物であるはずのポルチーニ、マリオが山で見つけてきてくれた。「他の人たちには絶対内緒ね」とクラウディア。
(4)

(5)
しかし、みんなが「6月のイタリアはもう夏だ」というから夏支度しかしてこなかったのに、とにかく寒い。日本より寒い。Mも長袖シャツをクラウディアに買ってもらう。


午前中買い物に行き、昼ごはんの支度。12時半に畑からマリオが帰ってきてみんなでゴハンを食べ、マリオは再び畑へ。私たちは昼寝して、起きたら近所の子供たちと遊び、そしてまた夕ごはんの支度をし、マリオが帰ってきたらゴハンを食べて寝る。…の繰り返し。ああ、なんて幸せな日々。

ある日の午後はクラウディアのお友達訪問。
クラウディアがお掃除の手伝いにいっているという近所のアグリトゥーリズモに連れて行ってくれる。
小さな森を抜け、丘を越えたところにあるこのアグリからは、さらに幾重にも重なるブドウ畑にオリーブ畑、そしてその向こうには海。
(6)


(7)

お花畑の中の小さなおうちは、プラートに住む88歳のおばあちゃんの別荘。一年の半分をこの家で過ごすとか。クルマの運転もできず、一人暮らしのこのおばあちゃんの面倒を、クラウディアはまるで自分のお母さんのようによく診てあげている。

家に帰ると、近所の子供たちが息子の名を呼びお出迎え。言葉が通じなくても、子供の世界には国境はないらしい。
(8)
(102)


初めて来た生後8ヶ月の時から、息子のMとマリオは大の仲良し。「この人たちは前世は双子か親子だったんじゃないかと、私、真剣に思うわ」とクラウディアがやきもちをやくほど。
(9)



(10)
クラウディアは、私に教える料理のメニューを毎晩周到に考えてくれる。「ねえ、マリオ、明日は羊の煮込みを作るんだけど、前菜はどうしたらいいと思う?あさっては海の幸のリゾットとだから、魚介類じゃないほうがいいんだけど、だとしたら、何かしら…」
とマリオにも相談。おかげで、マリオは早く食べたいリンゴのタルトもしばしお預け…。
(11)


(12)
最後の晩。翌朝、暗いうちに農場へ出かけなくてはならないマリオとは、夜のうちにお別れ。遊んで、遊んで、はしゃいで、はしゃいで、最後は鼻血で記念写真。


明日からはフィレンツエ。同じくしてフィレンツエに休暇で来ている保育園のお友達ご家族と1泊だけ合流予定。
私とMは、二人で電車の旅。深夜には、夫も日本から到着予定。
「ママ~、Mはもっと、このおうちに居たいんだけど…」
パパに会うより、マリオのほうがいいのか?!やっぱりクラウディアの言うとおり、この二人は前世は親子、いや、夫婦だったかもしれない…。


スポンサーサイト



コメント

たのしんでいますね。

M君の顔も、生き生きしている!
リッツが楽しんでいるのも、目にうかびます。
おいしそうな写真、すぐに顔を出して、食べたいぐらい。
非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索