FC2ブログ

うちの年越し。

08_1_1(1)


 若い頃は、一度でいいから年末年始を旅先で過ごしてみたいものだと思ってたけれど、最近じゃ開き直って、どうせなら、せっかくの日本ならではの慌しい年の瀬を思い切り楽しもうではないかと思うことにしている。
 あら、かまぼこ買うの忘れちゃったわ。ま、明日またデパ地下行けばいいか。あ、みりんが切れてるんだった、メモしてたのにバカね。明日も買い物行かなくちゃ…。なんて調子で、わざと一度に揃えないようにしてるんじゃないかってくらいだ。

 カウントダウンも、ここ十年くらいは毎年大晦日の夕方から、友人宅に決まった仲間と集まって騒いでいたけど、昨年からそれも辞退している。
 同じアパートに住む父が入院を重ねてめっきり老け込み、親といっしょにあと何回年越しの瞬間を迎えることができるだろうかと思うと、できるだけ家にいたいと思うようになったこともある。
 それと、せっかく除夜の鐘がなり渡る都会の寺町でこうして生まれ育っていながら、そして今ではここに自分の子供と暮らしていながら、地域に残された数少ない、昔と変わらぬ年の瀬の光景や音、匂いを、子供にしっかりと伝えていきたいと思うようになったこともある。
 人はこうして、年をとると、自分の家に、地元に、故郷に、愛着を持つようになるのだろうか。そして、子供にも強要するようになるのだろうか。

 さて、そんなわけで大晦日も、朝から心置きなく、大掃除とおせち料理の追い込み作業にどっぷり浸かる。
 ガス台は、黒豆に、雑煮用の鶏がらスープに、お煮しめにとフル回転。合間を見て、長年さぼっていた写真の整理に、本棚の掃除。夫は夫で、トイレ掃除に、風呂場のカビ落としにと、二人とも、とにかくやることだらけで切れ目がない。
 ふと、息子の存在を忘れていたことに気づく。そういえば、声ひとつ聞こえてこなかった。
見ると、掃除途中の散らかった部屋の片隅で、今年のクリスマスプレゼントだったレゴに、ひとり没頭している。
08_1_1(2)

 いつもなら「音がうるさいよ。こわいよ」と逃げて回る掃除機がそばを通ろうが何しようが、びくりともせず、見本の絵を見ながらひとつひとつ小さなパーツを手にとっては、無心で貨物船を組み立てているのだ。すごい集中力。
 すでにお昼をすぎようとしているのに、寝巻きの上から、転がっていたセーターをとりあえずガウン代わりに着せられたままの姿。そういえば、息子の着替えまで手が回らなかった。靴下を出してやるのも忘れていた。どこから引っ張り出してきたのか、七五三のときにはいた足袋を履いているではないか。上から下まですごい姿で、しかし、レゴに没頭しているわが息子よ。ああ、かわいそうに。

 この期に及んで、元旦に親戚の家に持っていくお年賀を買い忘れていたことを思い出し、近所のデパートへ。帰ってくれば、あっという間に今度は夕飯の支度と、大晦日の一日は十倍速で日が暮れる。
 掃除にはとっとと見切りをつけ、おせち料理の完成にだけなんとか目途が立ったのは、紅白歌合戦も後半に突入した頃。
 息子が心待ちにしていた「トクナガヒデアキ」の「ダイヤル~ん、まわして~ん」の番もあっという間にやってきて、いつの間に暗記したのか前半は完璧な歌詞で見事に歌い上げる。ジジババにも大うけだ。
08_1_1(3)

 そうこうするうち、紅白も大取りの4人が登場。年越し蕎麦を茹であげ、ささっとすすった頃に、
 ゴ~~~~ン
 一つ目の除夜の鐘が。と同時に、不動様へと向かう人々の喧騒が表の通りから聞こえてきた。
 よし、たくさん着込んで、うちも、そろそろ行くか。初詣。
08_1_1(4)

 本堂へつづく参拝客の列に並んでいる最中に、日付が変わる。
 さようなら2007年。こんにちは2008年。今年も、みんな元気で暮らせますように。とこれも毎年変わらないフレーズ。

 慌しく掃除して、料理して、駆け込みの買出しに行って、紅白見て、お蕎麦茹でて、除夜の鐘聞こえたらお不動様にお参りに行って、そして新しい年を迎える。
 そんな何一つかわらない12月31日が、毎回代わり映えしない年越しが、いつまで続くんだろう。いつまで続けることができるんだろう。
 息子が友達とカウントダウンをすると言い出す日が、できるだけゆっくりとやってくることを願わずにいられない。


08_1_1(5)





スポンサーサイト



コメント

bimaまま

はじめまして
はじめてコメントさせていただきます
bimaままと申します
うふ!でもホントははじめましてではないんです
Mくんのこと赤ちゃんの時から知ってますよぉ!
私のブログを見て頂いて 
届いた年賀状も見ていただいて(今年の年賀状はまだ届いていないかな?)
そしたら私がだれかわかるかも!
なんかちょっとドキドキ・・・

Mくんのレゴをする後姿 かわいいですねぇ
足袋はいちゃって!!笑えますぅ
徳永英明の熱唱もいいですねぇ
あ~~お会いしたいですぅ❤


ritz

bimaまま様
一瞬、ふと悩みましたが、
わっかりました~! bimaまま様、もとい、O先生!
年賀状、まだ届いてませんが、わかりました!
「赤ちゃんの頃から愚息を知っている」」どころか、育てていただいたも同然ではないですか。
ああ、お懐かしい。

かわいいbimaちゃんたちに囲まれた年賀状、
今年も楽しみにしてますね。

ああ、私たちも、お会いしたいですう。



非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム