FC2ブログ

息子の誕生日

07.11.21compleannodiMondo(1)


 11月21日。シルバニアンなんちゃらを買いに、銀座博品館へ。
 この日、5歳の誕生日を迎える子供がいる身でありながら、そして会社から目と鼻の先にありながら、初めて店内に足を踏み入れる私は、やはり母親失格だろうか。シルバニアンなんとかも、知らないはずだ。

 「あの…シルバニアン・ファミリーとかっていう…」
 「はい!3階にございます!」
 平日の昼間だというのに、親子連れでごったがえしている。
 キャラものオモチャの声とか、カラフルな画面のゲームとか、バキューンバキューンとうなり続ける音とか、とにかく、けたたましく、めまぐるしい。
 昔のおもちゃ売場は、こうじゃなかったよな…。
 外光から遮断された息苦しい空間の中で、夢中で液晶画面や電子音と対峙する子供たち。
 うちの子も、連れてきたらさぞ喜ぶだろうなと思いつつ、絶対連れてきたくないとも思う。最初で最後の博品館になることを確信する。

 足早にフロアーの奥に進み、シルバニアン・ファミリーのコーナーに到達すると、誰もいない。そこだけなんだかゆるやかな空気が流れていて、思わずほっとする。
 さて、人形だけいくつか選んで、それらしく包んでもらえばいいだろう。
 息子は赤ちゃん好きだから、くるみリスの赤ちゃん、クリームネコの赤ちゃんなど数体と、着せ替え服を手に取りレジへ向かう。が、その途中、「シルバニアン新作コーナー」に「赤ちゃんのお気に入りセット」なるものを発見。
 自分がいま手にしている赤ちゃんたちはもちろん、彼らが使うベビーカー、沐浴セットのほかに、なんとまあ、豆粒より小さな哺乳瓶とか、おしゃぶりとか、ガラガラとかが、すべて詰め合わせになっている。さすがに、ここまで細かい小道具は牛乳パックでは到底かなわないし、しかもこれだけ入って2900円。人形をバラで数体買っているより安上がりだ。志に反して、ちょっと与えすぎかもしれないが、詰め合わせの箱に入っていると、値段より見栄えして「プレゼント」っぽいし、よし、これにしよう!

 「ただいま、シルバニアンファミリーをお買い上げの方に、500円あたり1回くじを引いていただいてます」
 とかなんとか言ったってハズレしか入ってないんでしょ?と心中でつぶやきつつ、レジの兄ちゃんに差し出されたスピードくじを手早く5枚、わしづかみにして手渡すと、うち2つが「当たり」とか。そうはいっても、どうせガラクタみたいな非売品だろう。
 「赤ちゃんのお気に入りセット」をラッピングして戻ってきた兄ちゃんが手にした袋は、しかし、「赤ちゃんのお気に入りセット」の体積の2.5倍はふくれあがっていた。

 「オコジョの人形セット(お母さん、お姉さん、双子のあかちゃん。しかも着せ替え付き)」と、シルバニアン村の地図になるずっしり重い「巨大パズル」が当たってしまったんだと。 
 で、でか。お、おもい。これから渋谷で打ち合わせだというのに、そしてそのあとは保育園で莫大な洗濯物と工作物とともに息子をピックアップし、その足で中目黒のイタリア料理屋に直行しないといけないというのに…。
 引き換え、会社からイタリア料理屋に気楽に直行すればいい夫の存在をふと思い出し、新橋交差点まで呼び出して荷物を押し付ける。夫婦同じ会社でよかったと、こんなときだけ妙にありがたく感じる。


 息子の誕生日は、必ずその二日後にやってくる勤労感謝の日という祭日に、両家の祖父母を招待して外で食事をすることが恒例になっているから、21日当日は、手軽に済ませるのが常。今年は家で料理する時間もなさそうだったので、さくっと、近所の馴染みのイタリア料理屋へ。
 ここ数日、保育園の先生いわく「ろうそくを消す練習をしていた」とかで、ここならろうそくも立ててくれるし、生まれた時から息子を知っているイタリア人店長のトニさんが「Tanti Auguri」も歌ってくれるのでちょうどいいだろう。
 で、本当なら、ここで早々にシルバニアン人形を手渡し、息子は人形遊びに熱中、親はゆっくりと食事を堪能する、という計画だった。しかし、あのふくれあがったプレゼントを開梱してしまったらとんでもないことになる。
 手持ち無沙汰で落ち着きのない息子を「いい子にしてないと、ケーキ来ないよ!ろうそく消せないよ!」と引っ張りつつ、ついに最後の肉料理の皿を終了する。

 「ねえ、このあと、まだお料理来るの?」
 「ううん、もうこれで終わりだよ」
 「えっ!じゃ、次はケーキが来るの!?」
 「うーん、どうかな。いい子にしてなかったからな…」
 厨房では今ごろ皿に「Buon Compleanno」とか息子の名前とかをチョコで書いているのだろか、確かにかなり時間がかかっている。
 急に神妙な顔をして、今更ながら手を膝に乗せて愁傷な態度を見せる息子。
 ふとフロアの電気がくらーくなり、ポロロンというギターの音。
 来たっ!
 店の奥から5本のろうそくが灯ったケーキ、そして「Tanti Auguri a te~」の歌声とともに、お店の人たちの集団がこちらに向かってやって来た。
 店じゅうのお客さんが、「このケーキはいったい誰のどころに運ばれるんだろう」と一点に視線を集中しながら、その視線がついに、まとめて自分のところに注がれる、そんな緊張感を、この新5歳児はどんな風に受け止めているのだろう。
 「えへ、えへへ。うひゃ、うひゃひゃ~」
 と、照れとも、狂喜ともとれる言葉が止まらない。ケーキが彼の目の前に置かれた瞬間、もう、自分の小さなカラダだけではその感情を支えきれない、といった様子で、隣の父にもたれかかっている、そんな感じ。こんなに嬉しそうな息子の顔を見られただけでも、来た甲斐があったというものだ。
 トニさんと、同じくイタリア人のギター弾きのおじさんに、
 「チンクエ・アンニ(5歳)おめでとう!」
 と祝福されると、
 「エッヘッヘー。チンコ・アンニ。チンコ、チンコ~」
 とこれまた大喜び。連日の練習成果を見せるべく、大きな息でろうそうの火を吹き消し、店じゅうの人に祝福してもらった。
07.11.21compleannodiMondo(2)


 さて、家に帰ってみると、玄関先に紙袋が二つ。一つは祖母からの花束とお小遣い。もう一つは私の姉からの運動靴のプレゼント。
 それぞれに添えられたカードを、何度も何度も繰り返し声を出して読んでは
 「やさしいねー。うれしーねー」と感無量といった表情で悦に入っている。ちょいと、ちやほやしすぎとも思うが、まあ、周囲の厚意にこうして満面の笑みを見せてくれるのも、男なんて今のうちだろう。

 ひとしきり熱が冷めたあと、やっと「シルバニアン」の贈呈と相成る。
 「うわー!こんなにたくさん。すごーい」
 ふくれあがった家族に、家具に、衣装に小道具。お金を出して買ったのは赤ちゃん3人とその道具だけなのに、スピードくじでオコジョの親子が当たったおかげでいつの間にか人形が8人にも増えている。赤ちゃん6人と子供が1人、そして母1人という家族構成だ。
 「さっそくおウチに入ろうね」
 牛乳パックの家は、パンパンどころか、ベランダの柵なんて落ちそうになっているではないか。
 お母さん1人で子供7人も抱えて、さぞかし大変だなあ…。牛乳パックの家が、急に貧しい家に見えてきた。
 「ママ、新しいおウチ、作ってあげようよ」
 「よし、そうしよう!明日から着工よ」
07.11.21compleannodiMondo(3)


 親子の牛乳パック工作はまだまだ続きそうである。こんな風に、親子の時間を豊かにしてくれるシルバニアンに、ちょっとだけお礼を言いたいような、そんな気分だ。
 しかし、それももしかしたら、思いがけなくたくさんの人形が当たってしまったお蔭だろうか。
 二度と来ないと思った博品館だけど、ううむ、また、行っちゃうかもしれないなー、ひとりで。

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

スポンサーサイト



コメント

Francesca

わ~、M君ったら、すっごく嬉しそうな顔!
その嬉しさが伝わってくる素敵な写真ですね♪

リッツはシルバニアン・ファミリーを知らなかったのですね。
私は知ってましたよ、エッヘン!
でも、どうしてだろうって考えたら、友達のお子さん(女の子)を通してでした。かれこれ15年くらい前の話で、今回、久し振りにその名前を聞いて、まだ流行っていたのが分かって嬉しかったです。

M君のシルバニアン・ファミリー、そろそろ、パパが必要なのではないかしら?やっぱりショコラうさぎのパパがいいかしら。あと、cucinaも売ってましたね。密かにM君へのクリスマス・プレゼントにと考えています♪だから、う~んと大きなお家を作って下さいね!

ritz

恐縮です…。
Francescaさま
お気遣い、ありがとうございます!
パパでも何でも、喜ぶと思います。
巨大な家(どうせ夢見るなら、限りなく大きい家)作っておきますね!
非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム