FC2ブログ

木曜時代劇

07.10.19木曜時代劇


 なんとかレンジャーだの、ウルトラマンなんとかだのを全否定つもりはないけれど、あまりにもコマーシャリズムと結びついた昨今のヒーローものはいかがなものだろう。
 親としては思うわけだ。そういう番組に子供が触れる機会を、わざわざ親が作ることもなかろうと。たとえば、子供をニュートラルな環境に置いておいたとしたら、子供自身が自発的に興味を持ち、憧れを感じるものはなんなのか。どんな番組のどんなキャラクターを「ヒーロー」と慕うようになるのかを、かねてからわが子で実験してみたかった。
 幸い、うちは朝から晩まで保育園で、子供番組に触れる時間も少ない。親の私たちも、これといって子供用の番組を選ぶこともせず、私たちが観たい番組を観ることにしていた。
 すると、まず、はじめて彼の意志で明確に興味を持ったのは、なんと「男はつらいよ」。昨年、BSで毎週日曜に全作を放映していたのを、寅さん好きの夫が欠かさず見ていたのだが、後半はすっかり息子の方が夢中になっていた。
 つばつきの帽子をかぶり、お菓子の入っていたアルミのトランクを鞄に見立て、知人からのお下がりのジャケットを肌着の上に羽織り、「わたくし、ウマレモソダチも東京はカツシカ、シバマタ…」と何度やったことだろう。
 そして、次なる彼のヒーローとなったのは、以前も触れたが「ハゲタカ」の主人公、鷲津。この外資系の投資ファンドマネージャーが、日本企業の株主総会で「こんなもの、必要ない!」と書類を投げ出すシーンを、ニヒルな演技で繰り返し真似していた。
 次に興味を持ったのは、サザンの桑田。これも、父が部屋の整理をしていた際に出てきた昔のDVDを見ていたらすっかりハマり、表情まで桑田に似せて「いまのうち!そーれ、ナイナイね~!」(←今何時、そーね、大体ね)とシャウトしていた。

 そんな彼の中で、ここ最近で一番イケてるイヒーローなのが、NHK「木曜時代劇・陽炎の辻」の山本耕史扮する坂崎磐音(さかさきいわね)という武士である。
 毎日、保育園から帰ったあと7時のニュースを点け、そのままにしておくと始まるNHKの8時台の番組。中でも「木曜時代劇」への執着度といったら並ではなく、特に、今回のシリーズ「陽炎の辻」への食いつきはすごかった。
 あまりにも熱心に見ているので、あるとき私も皿洗いの手を休めて一緒に観てみたが、意外にも眠狂四郎ばりのドラマ性にびっくり。人情あり、恋愛あり、笑いあり、それでいて、実はそれ以上に、深い涙ありで、毎回感動せずにいられない。小松政男、渡辺いっけい、壇れいといった実力派でさりげなく脇を固めてるあたりもすばらしい。
 もちろん、そんな話の筋や構成など4歳児にわかるはずもないのだが、主人公の磐音が毎回誰かをやっつける、息子いわく「戦いのシーン」の真似は大人顔負け。新聞紙を細く丸め、テープでぐるぐるまきにして作った「刀」を、「シャキーン、シャキーン、トアー、プハーッ、ハ、ハッ…」と自らの効果音つきで振り回す。この自家製の刀は何十本になっただろうか。暇さえあれば家中の古新聞を勝手に持ち出し、小さな背中を丸めて刀作り。さすがにかなり進化を重ね、新聞紙を何重にもして強度を持たせたり、サランラップの芯を「鞘」にしたりと、相当な凝りようだ。
 今回のシリーズ「陽炎の辻」は、残念ながら先週の木曜に最終回を迎えてしまったが、時代劇にしてはドラマティックなエンディングテーマもまた彼のお気に入りで、
 「♪愛~を、止~めないで~、止~めないで~ん…♪」
 と相変わらず目を閉じて歌っては、
 「あ~、磐音の歌が“口”について離れないよ、こまったなー」などと言っている。

 さて、この木曜時代劇、昨日から始まった新シリーズ「風の果て」が前作に負けず劣らずこれまたすごい。佐藤浩市、石田えり、蟹江敬三といった人選もさることながら、なんたって藤沢周平作品だ。
 第一話を見ただけで、う、な、なける予感。やばい、もう「感動体制」が整ってしまった。
 これ、本当に木曜8時台でいいの?大河ドラマにした方がいいんじゃないの?と、まじでNHKに進言したくなるくらい。
 
 今回ばっかりは、息子より母の方が夢中になること確実だ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム