FC2ブログ

イタリアの荷ほどき。

2007.8.14ni-hodoki


暑い。
暑いだけじゃない。風ひとつなく、熱い空気がよどんでいる。
共に成田空港に降り立ったヨーロッパ人の乗客たちは、
「なんて国に来てしまったんだろう」と早くも後悔でいっぱいに違いない。

今日、イタリアから2週間ぶりに帰国。
早くも、イタリアのからっとした陽射しと、透き通る青い海にとんぼ返りしなくなる。

今回の旅は、
前半はサルデーニャの田舎の海でのんびりと、
後半はペーザロのロッシーニオペラフェスティバルをメインにした、
初めて「料理修行がメインではない」、ゆっくりすごす家族旅行…のはずが、
新しく訪ねた先々の民宿でも料理の話などで盛り上がり、
結局、ペーザロのホテルに3泊滞在した以外は、どこの宿でも、
料理好きのマンマシェフたちに、気がつけば「毎日料理を習う旅」になっていた。

旅の記憶を整理しつつ、その報告はおいおいさせていただくとして、
さて、天国のようなイタリアから、日本の現実に舞い戻り、
さらに、灼熱地獄の狭い家に入ってから、真っ先に手をつけることといえば、

我が家の場合、
息子は、リュックも背負ったまま、上に住む「大好きなバーバ」のところに直行。
夫は、玄関先でおもむろに自分のスーツケースを開けては、自分と息子の洗濯物をひっぱりだし、私の洗濯物をさしおいてさっさと洗濯機を回す。
そして私はといえば、真っ先に荷ほどきをするのは夫と一緒だが、
自分のスーツケースからは、洗濯物よりも何よりも、取り出すべきものがある。
それは、旅先の料理の師たちにもらった食材の数々。
サルデーニャの焼き菓子の詰め合わせは、つぶれてしまっただろうか。
薄焼きパンは、割れてしまっただろうか。
農家のおじさんがペットボトルにつめてくれたお手製の白ワイン「ヴェルナッチャ」は漏れてなかっただろうか。
野生のプラムで作った自家製食後酒は、割れたりしてなかっただろうか。
ジャムは?はちみつは?オリーブオイルは?

ひとつひとつ、無事を確認しながらテーブルに並べていったら、
まだ全て荷ほどきしていないというのに、あっという間にテーブルがいっぱいになってしまった。

プレゼントしてくれたマンマたちの顔を思いうかべながら、感謝をしながら、
ゆっくり荷ほどきをしていくこと。
それは、私にとっては、
この食材たちを使いながら彼女たちが教えてくれた料理やその志を、
日本の私の台所で一つ一つ形にし、そしていろんな人たちに還元していくことへの、決意みたいなものでもある。

明日からまた、会社生活にどっぷりつかる毎日だ。
このまま荷ほどきの悦に永遠に浸っていたくって、ついつい手が鈍る。

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

スポンサーサイト



コメント

francesaca

Bentornati!
ワインも、ジャムも、蜂蜜も、オリーブオイルも、み~んな無事でよかったですね!
サルデーニャのマンマ直伝のお料理の再現を楽しみにしてます♪

soleil

お帰りなさい
お帰りなさい。お父様のお具合は、いかがですか?
また、旅の話を楽しみにしています。
非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム