FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012最後の宴は、新しい始まりの宴

393051_4496177535987_356723103_n.jpg
入院中に投与した薬の副作用で、退院後も二ヶ月は感染症にかかりやすくなるので注意するよう医師から言われていた割には、11月は連日のオペラ出演もこなし、弟と一緒の誕生月も満喫、12月の合唱コンサート月間もするりと乗り越え、クリスマスイベントも風邪一つひかず謳歌。やるじゃん。これには我が子ながら恐れ入った。
よし、今度は底辺まで落ち込んだ塾の方を取り戻すべく、やるぜ冬期講習!のはずが第一日目にしてインフルエンザ発症ときた。よっぽどお勉強とは相性が悪いらしい。
正直いうと、2か月にわたる数々の行事を無事に終えたところで、私の体調管理の手が緩んでいたことも否めない。しかし、ここでインフルエンザをなんとしても食い止めねば。というのも私にとっての大きなイベントが年内に一つ残っていたからだ。
弟にもうつさないよう一転してまたまた神経遣いまくりの私。ああ、なんたってこう年の瀬ぎりぎりまで気が休まらないんだろう。

そのイベントとは、小学校、中学校、そして大学生活をともにした友達との再会。カナダ人と結婚して以来ずっと住んでいる彼の地から、年頃の二人のお嬢さんをつれて、父上の法事で一時帰国するという。
訳あって、大学卒業以来の実に23年ぶり。
「イタリアン食べさせて!」というリクエストに、つい気合いが入る。
あの頃、キャンパスでともにだらだらと過ごしていた仲間が二つ返事で大集合。その中には、二ヶ月ぶりの友から数年ぶりの友まで。
いっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい喋って、いっぱい笑った。
寛大な大人たちの計らいで、熱は下がったものの医師からはまだ人前に行かないよう釘をさされていたMも、テーブルの隅に加えてもらう。こうして子供はちょろちょろしていても、女優さんみたいに美しいカナダっ子のお嬢さんたちが座っていても、なんというか、自分たちの間に20年以上もの時が経過した気が、微塵たりともしないのはなんでだろう。いや、見た目だってほら、みんな、全然40代半ばには見えないでしょう(強気)。

23年経ったからこそ叶う再会がある。
そしてその再会がまた別の再会をもたらしてくれる。こんなに素敵なことはない。
それはきっと、今年そろって45歳になった私たちへくれた神様からのご褒美かも。法事の名の下に呼び寄せてくれた天国の父上の仕業かも。

2012年最後の宴は、新しい始まりの宴。人生って、後半戦に入ったからこそ味わえる幸せがたくさんある。
歳を取るって、すばらしい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。