FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

0

4月です。一から出直しの季節です。

2012_4_2
同じ生まれ月、同じ性別、同じ体型とくると、見事に兄のお下がりがぴったりで、服や靴はもちろん、帽子や靴下に至るまで、気がつけば全身お下がりを身につけてるなんてことはザラ。衣類だけでない。マグマグや、おむつ用きんちゃく袋だって再利用だ。
そんな兄のお下がりに包まれた二男を子育てしていると、ただでさえ毎日が「8年前」のようで、相変わらず髪の毛振り乱して子育てしてる自分をますます思い知るというか、なんというか…。

ふと、いつか知人がプレゼントしてくれた兄弟お揃いのシャツがちょうどいい大きさになっていることに気づき早速着せてみる。
どうだ!二人揃って「おニュー」だぞ!
しかし、二人並んで座らせてみると、これはこれで、「8年後はこうなるんか~」「8年前はこんなだったんか~」を見せつけられるようで、結局子育てリフレインの象徴図以外の何物でもない。

さて、そんな中、今日から二男は新しいスタートを切る。
一年間お世話になった無認可保育園を離れ、長男も通った近所の区立保育園へ転園。
どんなに人見知りしない子も一歳児のこのタイミングでの転園は大泣きなのよね。そう、長男の時もそうだった。
同じ通園路、同じ教室、同じ持ち物。初日は午前だけの慣らし保育のあと母親付き添いで給食、これも8年前と変わらず。
変わったことといえば、区立だから先生がほとんど入れ替わって知ってる先生がいないこと、そしてなんといってもお母さん達がうんとうんと若いこと…。
そんな親の心知らぬ本人は二時間泣き喚いた挙句、給食出てきたらピタリと泣き止み「おいチィ、おいチィ」とつぶやきながら完食。コイツのあさましいまでの食いっ気に今回ばかりは救われる。

さあ、これから泣かれ地獄の朝がおそらくあと一週間、その後は小学校に上がるまで、長男のときと同じ5年間がひたすら繰り返されるのだ。
世間が新年度に気持ち新たにする中、ああ、また1から繰り返しか~の感を新たにする私。この際、私自身も畏れながら8年ぶん時計の針を巻き戻させていただいて、誰になんと言われようと今日から36歳でいかせていただこうと思います。
(え?それでもまだ他のお母さんたちには追いつかないって?という声にもこの際耳をふさがせていただきます。)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索