FC2ブログ

お尻に火をつけて。

2012_2_24

イタリア研究会の運営委員長、H先生から、「2月の例会で講演を」とお話しいただいたのは昨年12月頭のこと。
ええ~、先生、それはいくらなんでも無茶ですよ。毎月、イタリアの各分野の大学教授や専門家プロが、それはそれは高尚な話をしてくださるイタ研の例会で、なんぼなんでもこんな素人の私が講演だなんて、会員からクレームが来ますよと、一度はお断りしかけたのだが、
いやいや、お料理といっしょで、毎度毎度ゴージャスなお料理ばかりたべていると飽きてくるものです。たまには気分転換も必要ですから。
そうおっしゃっていただいて決心がついて引き受けた。ならば思い切り素人パワー全開でやってみようかと。

ご依頼いただいたタイトルは、私の子連れ料理修行。
ますますもって、なんだか申し訳ない思いだけれど、イタリアの田舎を渡り歩いてきた過去の写真をたくさん見せながら、世界にたった一つしかないマンマたちの料理を、その人柄や生き方を、
私が感じたとおりにお話ししてみることに。

さて、なんといってもまずは過去13年間の写真整理に着手だ。
…と思ったまま、なななんと、この二か月間、なにも手をつけられずにここまで来てしまった。
で、いよいよお尻に本格的に火がついて、夜な夜なPCに向かう日々。

ああ、締め切りがすぐそこに近づかないとエンジンかからないこの性格。
これだから、日の目を見るかどうかもわからない執筆活動は遅々として進まないわけだ。
ということを改めて痛感し、早くも愁傷な気分になっている私。
でも、こうして遅ればせながらとはいえ、着々と写真の整理ができていることを思うと
講演が終わったら、今度こそはアルバムもきちんとつくって、怠けていた執筆も、よし、やるぞ!と決意。

ん?こういうの、うんと若いときにもあったような…
そうだ。間際になってよくやく腰をあげて試験勉強、つらい徹夜の一夜漬け、よし、今度の試験がおわったらすぐに次の期末試験に向けて、勉強に着手するぞ、今度こそコンスタントに勉強するぞ!
と決意するんだけど、試験が終わると、また怠けているというやつだ。
学生を卒業して22年もたつのに、私ってば何にも進歩してないんだな…。

本番までたったの3日。
そんなわけで、行き当たりばったりの講演になること間違いなし。
こんな不届きものの私を、ああ、どうぞお許しください。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム