FC2ブログ

風呂場にて。

息子は4歳になった。でも、当然、まだひとりで風呂には入れない。
どこの家でもそうだと思うけど、夫がいる晩は、子供と風呂に入る係を押しつける。
大抵の場合、「ママ、出るよ~」とお呼びがかかり、私はバスタオルを持って迎えに参上、夫は後からゆっくり出てくる方式なのだが、最近、湯船で数を数えるのに夢中な息子は、調子づくと100まで数えはじめてしまうので、夫は待ちきれずに湯船に息子を置き去りにし、とっとと先に上がって来てしまう。

大丈夫かな?と、こっちはつい心配になって、今日も慌ててバスタオルを持って駆けつけると、まさに、一人で湯船をまたいであがろうとしているところだった。
まるで足の届かない自転車にまたがって、そして降りるときのような動作だから、危なっかしくて見ている方がドキドキする。

おっとっとっと。両方の足が、床から離れる瞬間が一番ひやひやする。
右足はお湯の中にぶらぶらん。左足は湯船の外にぶらんぶらん。この、「足の届かない自転車にまたがっているポーズ」の時間が長ければ長いほど、見ているこっちは気が気でない。
バランスくずして、頭から落っこちたりしたら、えらいことだ。
と同時に、ふと、もう一つどうしても気になる箇所が。

…おちんちんは痛くないのだろうか。
彼はほどなく、ストンと上手に「自転車」から降りて見せたが、いつにない母の視線がよほど熱かったのだろうか、せっかく出たのに、もう一度湯船をまたいで中に入り、変な説明をし始めた。

「いい?ママ。最初にこっち(左)の足を、こうやってまたいでお風呂のお外に出すでしょ。
そのとき、おちんちんは、お風呂のこっち側にあるのね。(おちんちんを右に折って、湯船の縁の中に倒す動作)
それで、こうやって二つの足が地面から離れたら(自転車に完全にまたがるポーズ)
今度はおちんちんをテーブルの上に置いてあげるの。(湯船の幅10センチほどの縁の上におちんちんを乗せる動作)
それでこんどはー、おちんちんをお風呂の外に出してあげてー(今度はおちんちんを左に折って縁の外に倒す動作)
で、あとは、こっち(右)の足をよいしょってお風呂から出して上げれば、ほらね、上手にひとりで出れたでしょ。」

くっくっくっく。まさか4歳になって間もない子供から、こんな説明つきデモンストレーションを見せられるなんて思ってもみなかったが、
こんな小さなおちんちんでも、すでに彼の大事なパートナーなわけね…と妙に感心せざるを得ない晩だった。

なんだか、とりとめのない日記ですみません。
これは…なんのカテゴリーに入れましょうかね。「おちんちん」ですかね?
スポンサーサイト



コメント

Masakina

Non lo sapevo mai
へ~、ふ~ん、そうなんだ~、男の子って小さい時から、そうやって大事なパートナーとのバランス感覚を養っていってるのですね。
一生懸命、説明をしている息子さんの顔が目に浮かびます。
Che carino!
非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム