FC2ブログ

今度はこっちの誕生日。

2010_11_23_1
産後、落ち着いた血圧が、再び急上昇。
これから退院っていう直前の検診でストップがかかり、結局、一日延びて20日(土)に帰宅する。
でもよかった。Mの誕生日に間に合って。
二男が生まれた6日後がMの誕生日。11月はこれから何かとイベント多き月になる。

当の主役のMは、所属している少年合唱団の外部出演のため、誕生日当日はミューザ川崎、翌22日にはサントリーホールにと、大忙し。母が家籠りを余儀なくされる今年は外食もできないからせめて誕生日のケーキは特大でと思っていたが、それすら23日の勤労感謝の日までお預けとなった。

Mの合唱団が狩りだされた公演とは、マリス・ヤンソンス率いるロイヤルコンセルトヘボウ交響楽団の日本公演。「マーラー交響曲3番」。
2010_11_23_3

まだ2年生のMは補欠枠だったけれど、両日ともに出演の保証はないままスタンバイで楽屋入り。
今回は舞台の上で1時間はじっとしていないといけない過酷な条件をクリアしないと出演できないのだけど、なんとか両日とも出演させてもらうことができたようだ。
いまや世界一とも評されるヤンソンスと同じ舞台に立つなんて、またとない貴重な経験。
一生に一度のそんな晴れ姿を、この目で見てやれなかったのが痛恨の極みである。

私が入院中から、この外部出演のための特訓やらオケ合わせやらで、連日学校帰りに息つく間もなく奔走させられ、挙句、やっと私が退院してもゆっくり甘える時間もないまま、誕生日も返上して連日緊張感にさらされて、そしてその晴れ姿を母にさえ見てもらえなくて…
それでもMにしては珍しく文句ひとつ言わずに毎夕お勤めを果たしに出かけて行った。
でも本当はいっぱいいっぱいで、頑張ったんだろうな。何より、Mがたった一言だけポロリと口にしたセリフが物語っている。
「いいな…赤ちゃんは」

お兄ちゃん、よく頑張った。偉かったね。
たった1週間離れていただけだったけど、Mが一まわりも二まわりも大きくなったように思えて、うれしい反面、なんだかちょっとさみしいような気もしてくるのはなぜなんだろ。

さて、すべて走り抜けたあと、23日の祝日には、私の姉もやってきて、ジジババの部屋で二日遅れのささやかなお誕生日。
食事はナポリピザの出前。ケーキは学芸大マッターホンのショートケーキ。これといったごちそうも用意できなかったけれど、私の姉からのプレセント、本人リクエストの上杉謙信の本と戦国武将マンガのプレゼントを手にしてとっても嬉しそう。
2010_11_23_2

誕生日の近い“さそり座の男”二人兄弟。
これからどんなふうに成長していくのだろう。

世は、いまや男しか授からない母は負け組なんだとか。なんだよ、それ。
こうなったら、人もうらやむ「勝ち組、男兄弟の母」になってやろうではないか。

スポンサーサイト



コメント

naocci

お兄ちゃんお誕生日おめでとう!! イタリアに居ると小学生くらいの男の子のかわいさ(やさしさ)が身にしみること多いです。(女子キツイでしょ・・・) しょっちゅーイタリアに来ているM君もそんなお兄ちゃんになるのかな?楽しみですね^^

ritz

naocciさま
ありがとうございます。Mもそういっていただけると喜びます。
ああ、兄弟連れてイタリアに行ける日が待ち遠しい…。
非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム