FC2ブログ

イタリア携帯通信(1) 無事到着、早くも帰る日が来る のが怖い状態。




微熱と鼻水が一向におさまらない息子を出発の朝にもういちど馴染みの医者に駆け込み診察。強い抗生剤を出してもらって、いそいで成田エクスプレスへ飛び乗る。
成田では搭乗時間リミット1分前に「ママ、うんち…」で今度はトイレに駆け込むと、下痢…。
なんでまたこうも、直前の直前までいろいろあるの…?
と、ほとほと呆れるも、どういうわけか機上の身となった瞬間、ピタリと鼻水も止まる。
母の制止も聞かず成田で買ったカツサンドをぺろりと平らげるもお腹を下す気配もなし…。

空港まで迎えに来てくれたのは、今週一杯お世話になる宿のロレッラ。
4室ある部屋のすべてが満室だというのに、夕飯の支度は姉夫婦にまかせて忙しいさなかにわざわざ駆け付けてくれた。まったく人騒がせなコブつき妊婦で申し訳なし。

今回、この宿を紹介してさしあげた、わが心の姉である京都の真美さんも、本当なら今頃はすれ違いでヴェネチアにいるところ一晩だけ一緒に過ごせるよう予定変更して出向かえてくださった。

昨夜の晩は軽く生ハム&メロンだけつまんでバタンキュー。息子のMがこれでぐっすり寝てくれれば、こちらも
たっぷり休めると思ったのに…

例によって朝6時に起床。な、なんでこんなに元気なの??
しかし、朝はものすごく冷えて寒いくらい。
汗だくでアセモ作って寝ていた昨夜までの東京が嘘みたいだ。

Orvietoの駅までみんなで真美さんを送ったあと、宿に帰ってのんびりランチ。
太陽が上がりきると、ジリジリ照り付ける太陽が痛いくらいだけど、日陰に入ればそよそよと風が気持ちいい。
遠くの空には少し雨雲が。あとで一雨くるかな。

ロレッラから思わぬプレゼント、私にはお腹まわりたっぷりのワンピース、息子にはITALIAキャップ。そしてお腹の中の子供にまで、絹でできた赤いチョッキ。これは生まれたばかりの子供み初めて着せる、幸福を願うための産着で、イタリアでは無事の出産を祈りつつ贈り合う習慣があるのだそう。新生児のための赤いチャンチャンコだ。

子供用の自転車をロレッラが用意してくれて、ひとしきり遊ぶと、やっと疲れ果ててくれたようで、にわか雨も味方してくれて、部屋で休もうと言い出した。
よっしゃ、これで私も一寝入りとおもいきや、Mのウンブリアの友、キリアンくん登場!

ロレッラの姪っ子の恋人で、サンタマルタ島(?)出身のフランス人の息子であるキリアンくんは超美形。昨年、Mとここに来た時に半日サッカーをして遊んだだけで親友になってしまった。
今日もパパいわく、実のママからの誘いを「今日は日本人の友達と会う約束してるから」と断って、ペルージャからやってきてくれた。

嵐のような雨と強風の中、キリアンパパも交じって屋根の下でサッカー。言葉もわからないのに、Mのはしゃぎようったらすごい。
太陽も復活して絶好調。なんでこんなに元気なの…

そうこうするうち夕餉の支度の時間になって、私はクチーナへ。ロレッラのお母さん、アンナもってきて料理が始まる。
こうして一日目から、どこに行くわけでもないのに、なぜかフル回転。

それでも、充実感と休息感がいっぺんにやってくるこの感じ。
一日目から、早くも日本に帰る日が来るのが怖い、そんな感じ。
ああ、イタリアに着いたんだな、とつくづく実感する。





スポンサーサイト



コメント

luca

ご無沙汰しています!
Mくん一段と男前になりましたね。そして、そしておめでとうございます!
そのバイタリティーに脱帽と見習わないと。
この夏こそ何年も果たされていないお約束のお食事会開催したいです。
体調がよかったら、是非。
イタリア携帯通信楽しみにしております。
非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム