FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

6

イタ馬鹿弁当

2010_5_18
息子が行くと決めた学校が、給食ではなく弁当だと気づいたときは、適当な理由をくっつけて無理やり諦めさせる手立てはないかと思ったほどだが、
弁当母デビューから一年、自分でも信じられないほど今ではちっとも苦ではない。
というか、それはもう風呂に入ったり用を足したりするのと同じくらい、私の中で生活の一部である。

夕飯用の生姜焼き用の豚肉をちょっとよけておいて弁当用に野菜のロール巻きを作るとか、大量に作った肉団子は下ゆでして2~3個ずつラップにくるみ冷凍しておき、その都度、バルサミコに絡めたりケチャップ仕立てにしたりと味を変えながら弁当箱に詰めてしまう。
そんな風にやりくりする工夫は、ある意味、パズルやゲームを楽しんでるみたいで一種の気分転換にすら思えるようになった。

栄養バランスを考えながらも、できる限り手を抜く方法も身についたと思う。
でも、あくまでも、母の横着が弁当に反映されたくはない、という気持ちは相変わらず捨てきれない。
私の見栄っ張りな性格ゆえか、端くれとはいえ料理に携わる者としての小さなプライドからか。とにかく、白いご飯にできるだけ多くのおかずを組み合わせて、小さな二段弁当に詰め込んでいる。

ところが、当の息子本人は、そんなことはどうでもいいらしい。
「ねえママ。○○さんのお弁当すごいんだよ!焼きそばなんだよ!」
へー、焼きそばか。
最近のお弁当は、焼きそばやスパゲッティもありなんだ。時代も変わったものだ。昭和一ケタ生まれの母の弁当で育った私からしてみれば、信じがたい話だ。
「でもさ、焼きそば以外におかずも入ってるんでしょ?」
「ううん、おかずもフルーツもなしだよ。二段弁当の一段目が焼きそばで、二段目も焼きそばなんだよ!」
そ、それは、さらにすごい。
「いいなー。Mも、いつも白いご飯やおにぎりじゃなくってさ、ああいうお弁当がいいな」
と来た。
ええー?まじー?

しかし、そういうことなら、こちらにだって打つ手はある。
パスタ弁当にしてやろうじゃないか。
そうしてトライしたのが、今週月曜日のこの弁当。
おりしも、前日の日曜は料理教室があり、その際のトマトベースのパスタソースを弁当用に取っておいた。
しかしこれだけではまだ私の意地が許さないので、作り置きして冷凍しておいたラグー(ミートソース)も解凍して…、ジャジャン!二種類パスタの盛り合わせだぞ。

息子は二段ともパスタで構わないと言うだろうが、それではどうしても私の美学に反するので、一段目にはちょっとしたおかずとフルーツを詰めて、さて、これでできあがり。
しかし、…何かが物足りない。
そうか!パスタにかけるパルミジャーノが必要だ!急いでパルミジャーノをすりおろし、別の小さなタッパーに入れ添えてやる。食べる直前にこれをかければ、目にも舌にもなおのこと良いだろう。

よし、どうだ!これで文句はないだろう!
…って、誰に文句を言われるわけでもないし、せいぜい周りの席の、しかも弱冠7~8歳の子供たちにしか見られない弁当なのに、あたしゃいったい、何をムキになっているんだ。
ここまできたら完全に、母の自己満足以外の何ものでもない。
馬鹿な母親の、イタ馬鹿な弁当。さて、息子の反応はいかに。
スポンサーサイト



コメント

inndonesiaより

思わず、コメントに書き込みます…
私も、毎朝5時起きのお弁当つくりに、戦々恐々でしたが、ほんと何の苦もなくなってきました・・・。
今日は、脩の幼稚園のお弁当参観でした。ご飯大好きの息子に、せっせと細かく切った海苔と、こちらではなかなかのお値段のしゃけほぐしの二段重ねにしているのに、わが息子の箸使いでは、単なる、海苔しゃけご飯と、しょうゆご飯になることが、判明したところです・・・・。私も、Rさんのお弁当たべたいわ!

お弁当参観!お疲れ様でした。
Oちゃん、せっかくの二段重ねごはんを解体して食べちゃったのね。姿を想像するだけでカワイイです。
インドネシアで希少な日本食材を入手しながらふるさと弁当作る母、素敵。その思い、Oちゃんたちにしっかりと届きますよ。
がんばってください。応援してまーす。

えーっっ!、ritzさん毎日お弁当作ってるんですか???
すごい、すごすぎる。
私ね、友人に(Mです)「日本では子供を産んでもお腹にそんなお肉(私の贅肉を指してます)が残ったりしない。」って言われたことがあるんですが、ritzさんのお話を聞いてると何となくその理由がわかる気がします。
それにしても、摺りおろしたパルミジャ-ノを持参させるとは…。イタリアの子供みたい、っていうよりエミリアの子供みたいですね~。

tsu様
息子の反応は「ママ、もうタッパーにいちいちポストイット貼らなくても、パスミジャーノってわかるからいいよ」だって。
これ以上エスカレートすると、ただの「嫌味な親子」になりそうなので、やめておきます。笑。

Mちゃん、そんなひどいこと言ってるの~!?
tsuさんに贅肉が残っているとは思いませんが、もしそうだとしたら、
やっぱりお姑さんのお料理がおいしすぎるからかも…!

ritzさん、ご無沙汰しています!
Mくん、相変わらずかわいいですね~。癒されます。
私もこのお弁当食べたいな。
近いうちにお料理教室又は
なぜか果たされないままのお食事会を決行したいです。
もちろんMくんが居るときが希望です。
よろしくお願いします~♪

lucaさま
ご無沙汰してます。お元気ですか?
そうですよね、お食事会も企画しましょう。
OPEN料理教室も、6月後半以降で一度開催しようと思っております。
ちょっとは成長したMと遊んでやってくださいませ。
非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索