FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

0

中村主水よ、永遠に。

藤田まことが突然亡くなって、親子ともどもショックから立ち直れないでいる。
癌も克服し、復帰間近という矢先に、大動脈流破裂というもともとの病とはまったく関係のない突発的な症状で亡くなるなんて、ますます無念でならない。

「Mくんの名前の由来って、何なんですか?」
息子が生まれてこのかた、保育園、習い事、学童、学校…、息子を通じて知り合うママたちに必ずといっていいほど聞かれる。
イタリア語の、ある意味から取った名前であることはもちろん第一義。
でももうひとつ、私の心の中にはもう一つ「裏の由来」があった。
それが、幼い頃から大好きでよく見ていた「必殺仕事人」。
昼は窓際サラリーマン、夜は一変して悪をやっつける正義の味方。
今のご時勢、普通に生きてりゃ、どんなにいい学校にいってもせいぜいただのサラリーマン、でもどこかで自分にしかない信念や、誰にも負けない一面を持っていて欲しい、そんな願いも込めていた。

そんなことを息子に話したことは一度足りとてないのだが、いみじくも、ウルトラマンには見向きもしない代わりに時代劇好きになった息子は、私の帰りが遅いときなどは、祖父母の部屋でCS時代劇専用チャンネルをジージと見放題。
「ね、ママ。なかむらもんどって知ってる?かっこいいよね」
それ、必殺仕事人だよ。
「ね、電気で人を殺す人もいるんだよ!」
それ、ひかる一平だよ。そりゃ、まさしくあたしが子供の頃に見てた必殺仕事人だよ。

そして、いつしか息子は、自分の名前の由来は「必殺仕事人」にあり、と思い込むようになっていた。

そんな矢先、突然の訃報。
「え?死んじゃったの?なんで?こないだまで新しい必殺仕事人にも出てたじゃん」
ほんとだよ。ママも悲しいよ。母子で思い切り落ち込んでしまう。

その晩、息子は、すっと放ったらかしていた日記の宿題に突然思い立ったように手をつけ、黙々と文字を書き連ね始める。何を書いてるんだろ。うしろからそーっと覗いてしまう。
「ふじたまことがなくなって、とてもショックでした。ぼくは、むかしのひっさつしごと人をみていて、なかむらもんどはだいすきなおさむらいさんでした。だからとてもかなしいです。おなじなまえなので、ぼくは、ふじたまことのぶんまでいっしょうけんめい生きていこうとおもいました」
いいんだろうか、学校に出す日記が、こんな芸能ネタで…。
しかし、私と息子にとっては、なんというか、魂そのもののような、人生の憧れのような存在だった中村主水。それを長年演じてきた偉大なる俳優がなくなったのだ。今回ばかりは先生も認めてくれるだろう。

中村主水よ、永遠に。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索