FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

4

浅草にて。

20090817153407

浅草で、こんなん見つけました。
八丁堀のダンナとゆかりがあるわけでもなさそうだから、
イタリア語から取ってるのかな。

世間がお盆休みの時に、すいてる都内近辺でうろうろするのが常なのだけど、今年は東名高速の通行止めも影響してか、お盆の都内はどこも混んでいた様子。
息子の希望で葛西水族館に行くも、館内は人、人、人で、夏休み企画展の「昆虫展」くらいしかゆっくり見られなかった。なんのことやら。
葛西まで来れば、浅草も遠くない。というわけで、久しく運べなかった馴染みの焼鳥屋に赴く。おいしい釜飯と鳥料理で、イタリアのマンマの味をひたすら恋しがっていた舌も、ようやく大人しく日本仕様に戻ってくれたというところか。
で、帰りに、浅草の路地裏をぶらついていたら、あるスナックの前で思わず足が止まる。
内輪ウケですが、記念に一枚。

さて、イタリアから帰って5日。
プチギックリ腰は少しずつよくなっているものの、今度は耳だ。
帰国したその日の晩に、耳の病気が再発し、ふたたび治ったものの、また聞こえなくなり、そしてまた治ったり。を繰り返している。
えー、なんでー!?
ストレスや過労から来る病気のはずなのに、今の私には、どう考えても思い当たるフシはゼロ。
イタリアで思う存分発散し、帰ってきても仕事は超ヒマ、子供は夏休みで早起きしなくて済んでるし、時差ぼけも早くも解消し食欲も旺盛。精神的にこんなに充足感に満ち溢れているというのに。な、なんでだよぅー!?

いつもの耳鼻科医に行く。
「ま、疲れてるってことなんじゃないの?」と一言。
でも私、こんなに毎日リラックスしてるし、疲れているという自覚もありません。
「それは20代、30代までの話さ。40を過ぎるとね、まだまだ行けると思ってるのは自分の気持ちだけ。体は正直に音をあげるわけよ」
…トシをとるというのは、こういうことなんだろうか。
「そう、そういうこと。ま、症状出ても一晩寝たら治ったってんだから、いい方だよ。これが50代になるとそうはいかなくなるから。ま、年齢を自覚しながら生きるということだね」
…はあ、そうですか。自覚が足りなくてすみません。

しかし、繰り返すが、自分では疲労の「疲」の字も感じていない。
こんなんで病気になっちゃうくらいの体だったら、あたし、とっくに死んでるよ。

と大口きくのも、もしかして、元気な気持ちだけが空回り?
ううむ、やっぱりトシをとったということなのかもしれん。

でもそれもなんだか悔しいなあ。
とりえあず自分の中では、イタリアに染まったカラダが、日本に、会社に、拒否反応を示しているということにしよう。

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お帰りなさい

無事にご帰還された様で、何より何より。(パチパチパチー)
ギックリ腰はきついっすよね、その上「耳」まで再燃?とは盆と正月一緒に来たよなー・・。ちがうかー

イタ飯のしめが浅草の焼き鳥とは、これまった「恐れ入谷の鬼子母神」(ふるー)。
浅草・秋葉原・新橋界隈の路地裏の焼き鳥屋は侮れないっすよねー。
また、こう云ったお店の常連さんって言うのが粋でね、何度か一夜限りの出会いに乾杯ーなんてね
とおーーーい昔思い出すなー。

そうそう旅レポ、楽しく拝読いたしました。携帯で地球の裏側からあそこまで出来るんですね。
実り多き旅に乾杯ーーーーーーーーーー、なんてね。

では、ご無理なさらずにブログの続き楽しみにしてます。
そうそうリストランテ・リッツのリニューアルも無事完了、おめでとさんどした。

お帰りなさいませ!
夢の国イタリア満喫いいですね。Mくん本当にキュート。
どうしたらあんなにかわいい子になるのかなぁって思ってます。
またお料理教室に参加できる日を楽しみにしていますね。
私も疲れが取れない、取れない・・・。飲み会も一次会で撤収が多くなたような。
寝てもまだまだ痛いし、ダルイし。
なんて言い訳して家事手抜きなのかもしれません。
あのSちゃんお寿司屋さん、なくなってしまいました?

似非料理人さま
ほんと盆と正月がいっぺんに来たようで、あたふたしております。
でもお蔭様で腰も耳も落ち着きつつあるようで、
仕事も稼動してすっかり現実に引き戻されてます。それもまた悲し…。
ボチボチがんばります~!

lucaさま
ご無沙汰してます。お元気ですか?
そう、そうなんです。Sちゃん、誰にも言わずにお店を閉めちゃったんです。
再開をひたすら祈るばかり。
それはそうと、またぜひお目にかかりましょう!
非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索