FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

0

イタリア携帯通信⑧「終わりよければすべて良し。ってことで」

20090813111755

notizia da italia sul cellulare(ultima)
あっという間に今回のイタリアも今日で最後。
ローマ発の国際線と連絡している国内線がペーザロ近辺には発着しておらず、今回もボローニャまで出ることに。
といっても、ペーザロからは高速一本で二時間程度の距離。プチ・ギックリ腰のカラダとはいえ、エミリアロマーニャが故郷みたいな私たちにとっては、同州を横断するこのルートは苦ではない。

夜7時の便までたっぷり時間はある。
これだけペーザロやロマーニャ地方に来ていながら実は一時も訪れたことのない山の頂きの独立国、サン・マリーノ共和国でも寄ってみるか。

と思ったのが悪かった。
箱根ターンパイクみたいな道路を延々と上り詰めたところで大渋滞。
誘導された臨時駐車場は、せっかく登りつめた頂きを越え、かなり降下した果ての果て。そこから歴史地区にはバスで行かされる始末。しかも有料だ。

ドイツ語、英語、オランダ語が飛び交う満員バスに乗り、こうしてやっとサンマリーノ共和国に到着するも、団体客はじめ、観光客の多さにうんざり。土産物屋立ち並ぶ中に、うまいレストランやトラットリアがあろうはずもなかろう。
イタリアの古い町ではどんなに観光客が訪れてよう必ず感じることができる、地元の人が地に足をつけて生活している匂いが、どういうわけか微塵も感じないのだ。
アイスクリームが食べたいとぐずる息子に売店でいつもの「百円アイス」をあてがうも、なんと2ユーロ。物価も二倍だ。

こんなとこ、いるもんじゃない。とばかりに、名所も見ずに即座にUターン。
車に戻って山をおり、エミリア街道をボローニャ方面に向かって走りはじめた最初の街、チェゼーナに寄ってみる。

バカンス真っ最中のこの時期、これといった観光地でもないチェゼーナに行ったところで、店もみんな閉まってることは容易に想像つくが、食べ物屋ならどこか一つくらいは開いているだろう。
チェントロに入る手前の駐車場に適当にクルマを止め、大して周囲を物色しないまま、視界に最初に入ったリストランテに入ってみる。

すでに2時すぎとあり客は3~4組程度だが、みな、地元の人らしき身軽な格好。
店の兄ちゃんも、こちらがイタリア語が話せるとわかってからならまだしも、迷いこんだような外人相手に一方的なイタリア語で話しまくって来る。
私の勝手な感だけど、こういう店に…美味しくない店はない。

メニューには、魚料理と肉料理がどちらの充実。こんなの、イタリアでは目にしたことがない。
なるほど、ロマーニャ地方とはいえ、アドリア海からもほど近いチェぜーナは、位置からして、海の料理から山の料理への、ちょうど境目になるということなのだろう。

シチリアからペーザロと、我々にしては珍しく魚介料理が続いて飽きていたこともあり、手打ちパスタのトルテッリに、パッサテッリというエミリア・ロマーニャ州の名物料理などなどを、思いっきり「山の味」を注文。特に、息子が選んだメインの豚肉のバルサミコソース味のソテーは絶品で、さっきのサン・マリーノの苦い失態が、愛すべきエミリア・ロマーニャ州の郷土の味できれいに払拭されていくようだ。

デザートも味わい、カフェまで飲んでゆっくりしてたら、なんだかんだそろそろボローニャ空港に向かわねばらなないかも。
いろいろあったけど、(というか、何もできなかったけど)まあ、終わりよければすべて良しということで、今回の旅も、あっという間に、ちょうど時間となりました~。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索