FC2ブログ

ホウレンソウ嫌いの子が、ばくばく食べるホウレンソウのパスタ

ホウレンソウと生ハムのファルファッレ

「いちばん好きな食べ物はなあに?」
うちに来るお客さんに、よくこんな質問をされる息子。
しかし、その答えは、決まって「ホウレンソウ」だ。
不思議で仕方がない。なぜって、ホウレンソウは、彼が最も嫌いな食べ物のはず。
自分の弱点を隠したい気持ちはなんとなく理解できるとしても、なにも好きなものに挙げなくてもいいだろうに。子供ごころは複雑だ。

ホウレンソウと見てとれば、お浸しはもちろん、バターソテーにしても手をつけない。
赤ちゃんの頃は、ホウレンソウの瓶詰め離乳食なんて喜んでぺろぺろ食べていたのに、
いつの間にか嫌いになってしまったのは、親としてもちょっと残念。
ならばペースト状にして、何かにアレンジしたら食べるのでは?と思いつく。
たとえばパスタに絡めたらどうだろう?
「ね、今日パスタにしようと思うんだけど、長いのがいい?それとも短いの?」
「えーっとね、蝶々のがいい!」
よし、わかった!ファルファッレ(蝶形のパスタ)なら、子供だましにますますちょうどいい。
原型をとどめないくらいの甘い甘~いペースト状にして、大好きなプロシュートも刻んで入れたら、だまされるに違いない。
こうして、いまやすっかり我が家の定番になってしまった「お子様パスタ」は、生まれた。

まず、ホウレンソウは根の泥の部分を軽く切り落とし、水にさらしてから少なめの熱湯で、蒸すような感覚で軽く茹でる。よく水気を切ってから今度はバターでじっくりソテー。塩、コショウでしっかり味付けしたあと、フードプロセッサーにかけてペースト状にしておく。
別のフライパンを用意し、少量のタマネギのみじん切りをたっぷりのオリーブオイルでよーく炒め、ここに、細く拍子切りした生ハムを加えさらに炒める。つづいてプロセッサーにかけたペースト状のホウレンソウを投入。さらによく炒めた後、少しだけコンソメスープを加え、軽く煮込む。
ホウレンソウと生ハムのファルファッレ(pseto)

ソースはこれで完成。あとは蝶々のパスタが茹で上がったら、すりおろしたパルミジャーノも加えてソースとよく和え、できあがり。
やさしい甘さに生まれ変わったホウレンソウの風味の中に、生ハムの塩気がいい感じで効いていて、大人が口にしても、つい白ワインなど開けなくなるような一皿だ。

ちなみに、うちでは、彼が食べられる唯一のホウレンソウ料理ゆえ、ここぞとばかりにソースたっぷりで皿に盛る。パスタの方が隠れてみえなくなるくらいに。
ところで、4歳の彼は、この翡翠のごとく緑あざやかなパスタの正体を
もちろん理解しているんだよ、ね。
このたび、念のため、はじめて聞いてみた。
「ねえねえ、これ、何のパスタだかわかってる?」

「海苔でしょ」

………。
たくさん食べてもらえて嬉しかった気持ちが、ああ、しぼんでいくぅ…。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
スポンサーサイト



コメント

masakina

ホウレンソウだと分かった途端に食べなくなるより、海苔だと思ってたくさん食べてくれるほうがいいのでは?

とっても美味しそうなパスタですね♪

ritz

masakinaさま
確かに。意地でもホレンソウとは明かすまい。
ところで、海苔と言われて、無性に岩海苔でパスタを作りたくなっている私は、やっぱりバカでしょうか。

Hiroko

家でも早速作ってみました。いつも胡麻和えならやっと食べるほうれん草ですが、リボンパスタということもあり大好評でした。

ritz

Hirokoさま
ありがとうございます。たいした料理じゃないですが、紹介したものを作って頂けて嬉しいです。これからもどうぞよろしく。
非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム