FC2ブログ

イタリア馬鹿10周年

09_1_29itabaka10th
 あの頃は、ちょうど入社して8年目か9年目だっただろうか。仕事一辺倒の生活が急に色あせて見えてきた頃だった。結婚もしたし、ある程度のキャリアも手に入れたけど、でも相変わらず達成感がない。そんな漠然とした空虚感の中、出会ったのがイタリアだった。
 まるで十代の頃の繊細な心がぶるぶると奮い立つかのような、なんだかよくわからないけど、イタリアをどうしようもなく好きになる。ただただ追求したくて、わき目もふらず極めたくて、たまらなくなる。
 そして私は会社も家も、二ヶ月放り出してイタリアへと旅立った。ボローニャ、モデナ、プーリア、トレンティーノなどを点々としながらひたすら料理修業。街のあちこちで、翌年の西暦2000年のジュビレオに向けた改装や工事が進められていたっけ。そう、1999年の秋のことだった。
 ふと気づけば、それからちょうど10年。変わったことといえば子供ができたことくらいか。それでも息子を引き連れて、相変わらずイタリアへ毎年通っている。そしてこれまた相変わらず、料理教室をしながら会社勤めという中途半端な毎日。これといった大きな成長も進歩もなく、ただのイタリア馬鹿の域をまったく出ていないことも、恥ずかしながら10年前と何一つ変わっていない。
 しかし、そんなイタ馬鹿妻を10年も見逃してくれた夫や、イタ馬鹿母に黙って連れまわされてる息子に感謝しながら、そして何より、10年もの間、こんな私を虜にしてくれたイタリアのマンマたちに多大なる感謝を表しながら、これからの十年間はさすがにもうちょっと頑張らねばいかんなと、思いを新たにする。

 というわけで、2009年。まずは10周年記念と密かに題して、2月半ばから息子とイタリアへ行くことに。
 …って、結局、相も変わらずイタリア通いしているだけの、10年目のイタリア馬鹿である。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ritz

広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Profilo

ritz

Author:ritz
広告代理店コピーライター
イタリア家庭料理研究家
HP→http://www.ristorante-ritz.com
著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
イタリア料理、子育てから、オペラ、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム