FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

2

再始動。

08_12_13toretellini
 多忙な日々にようやく終止符。もろもろ気持ちの整理もついたところで(詳しい話は、いずれ気が向いたら?)、ようやく久々の料理教室。
 実に、3ヵ月半ぶりの再始動である。

 きっかけを与えてくださったのは、京都でイタリア倶楽部(http://www.club-italia.jp/)を主宰しているMさん。彼女は、私がボローニャで初めてホームステイしたフランコ&ネリーナの家に、すでに何年も前に同じくホームステイしたことがある女性で、以来、日本でのおつきあいが続いている。
 私にとっては、イタリア活動の大先輩でもあり、フランコ&ネリーナという共通の“両親”を持つ間柄でもあり、言ってみれば、姉のような存在。と、図々しくもお慕いしている。
 お芝居を見がてら今回はご主人とともに上京。ならばそのタイミングに合わせて拙宅にお招きし、共通のイタリア仲間でMさんご夫妻を囲んでしまおうと、とんとん拍子で料理教室“再開”と相成った。

 数か月も料理教室をサボっていたのは私の方だというのに、皆さん、両手に山ほどの差し入れを持って来てくださる。高価なワインの数々、日比谷花壇のフラワーアレンジ(人様に差しあげたことはあっても、自分が頂戴したのは初めて!)、チョコロールケーキに苺のケーキ、朝から準備して焼いてくれた手作りのふかふか胚芽パン、そしてそして子供へのクリスマスプレゼントまで…。ゲストのはずのMさんご夫妻からも、なんとBarbarescoを頂戴し、豪華なお土産の数々がテーブルを飾る。
 し、しかし、迎えうつ私の料理はといえば、毎年この季節、代わり映えのしないトルテッリーニに、若鶏の詰め物に、リンゴのケーキ。ああ、みなさん、ごめんなさーい。

 皆さんの温かいお心遣いに甘えながら、楽しい宵はあっという間にふけていく。
 写真に納めたかった料理も、シーンも、たくさんたくさんあったのに、ああ、気がつけば、もう宴も終わりに近づいている。撮った写真はたったの二枚。充実した集いであればあるほど、写真の数が極端に少ないものだ。

2008_12_13pollofarcito
(↑自転車で顔面から転倒し、顔中傷だらけの天使のOさん。5歳の子持ちとは思えない韓流スターみたいなサングラス姿で、若鶏に包丁を投入。)
 
2008_12_13mao_2
(↑静岡のお嬢、Yumichinaさんはスケート通。真央ちゃんの試合観戦のためワンセグの電波が届くさむ~いベランダにて。真央ちゃん優勝が決まった瞬間。)

 大いに飲んで食べて大騒ぎした今宵から、また気持ちを切り替えて、コツコツと料理活動、イタリア活動を始めようと、思いを新たにする。これもひとえに、こんな私の中途半端な志に、常になが~い目でおつきあいしてくださる皆さまのお蔭。
 そういえば、今日の12人の中で、子供二人をのぞけば私が一番年下であることに気づく。こんな若輩者を見守ってくださる先輩諸氏の温かさが身にしみる。いと有難き幸せかな。

 さて、一晩明けて。
 そうだ。夕べの高価なワインの空き瓶をずら~りと並べて、再始動の証にせめて写真に納めておこうと思い立つ。
 寝巻き姿で一目散にキッチンへと赴いたら、今日は「資源ゴミ」の日。跡形もなく処分されているではないか。
 私が、やれ忙しい日々に終止符だの、気持ちの整理がついただの、新たな気持ちで再スタートだのと言ってる横で、今日も黙々と「資源ごみ」「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」を分別し、一年365日、なにひとつ変わらない平常心で生活し続けている男が一つ屋根の下にいる。
 ということもまた、いと有難き幸せかな。と、しみじみ感じる今日この頃である。







スポンサーサイト



コメント

先日はイタリアの件でありがとうございます

まずは息子さん6歳誕生日おめでとうございます!!
子供の成長はあっという間ですよね。

私も最近多忙です。娘にかまってやれないのがもどかしい。
不眠で・・・こんな時間にコメントしちゃってますし(><)
美味しそうなお料理を見て保育園に行く前に娘に美味しい朝ご飯を作りたくなりました☆元気が出ます。ありがとうございます!!

うちの主人も年中浮き沈みもなく平然としているお方で、、、うらやましい限りですよね。主人は1週間不在でしたが今日帰ってきても時差ぼけ関係なくまた普通の生活に戻れるのだろうな・・・平常心パワー分けてもらわなきゃ(笑)


平常心パワー。

silk様
夜明けのコメント、ありがとうございます。そしてお疲れ様です。
平常心って、確かに、パワーのある人だから貫けるのかもしれませんね。
しかし全ての男の人が一概にこのパワーがあるとは限らない。
お互い、できた夫には感謝ですね。
(…って、年度末だし、思いきり持ち上げておきましょう)


非公開コメント

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索