FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

0

年の瀬に今更ふりかえる今年後半のこと⑥ 歴児と行く海軍史の旅(2)砥部~呉

(2日目:砥部~呉へ)11月頭の海軍史の旅、夫も揃った二日目は午後3時過ぎのフェリーで東洋一の軍港、呉に渡ることになっている。まずは、せっかく宿が隣に位置していながら昨日訪れる時間のなかった子規記念館へ。丁寧な展示と解説で大人も子供のどっぷりと子規の世界に浸かれるのが嬉しい。その後は、まだまだ見どころ満載の市内をまわるか、もはや何度行ってもいい気になっている松山城ふたたびという選択肢もあったのだけど、...
0

年の瀬に今更ふりかえる今年後半のこと⑥ 歴児と行く海軍史の旅(1)松山

(1日目:松山へ)毎年11月初めはMが通っている小学校が入学試験でお休みのため前後の土日や文化の日とひっかければ結構な連休に。旅好き親子としては逃してなるものかと、弟が出産予定月だった小2の秋をのぞけば、実は毎年どこかに出かけている。図らずも「歴児」なってくれたMの行きたいところを、あっちゃこっちゃ旅しながら親もずいぶん楽しませてもらってきたけれど、そのMも年が明ければいよいよ受験生。国内旅行の遠出編も...
0

年の瀬に今更ふりかえる今年後半のこと⑤神無月の神頼み

こうして下半期を振り返ってみると、結局いちばんアグレッシブに過ごしていたのは、落ち込んでいたはずの秋の頃だったかも。逆境に強いと言えば聞こえはいいが、逆境に直面して初めて、温存していた力を放出するこの性格。これだから神様は次から次へと難題をくださるのかな。栗ドルチェを食べ歩き、料理をしまくり、たまに何もすることも見つからない日曜も家に籠っていると廃人になりそうで、家族で新宿御苑に繰り出してお弁当を...
0

年の瀬に今更ふりかえる今年後半のこと③女こどもの旅、パワーUPして秋田・青森へ。

伯母が亡くなった翌週に予定していた東北旅行を「中止する必要なんてないわよ」と決行宣言したのは、一緒に旅行することになっていたうちの母だった。実の姉を失い、自分が生まれ育った家庭という意味での家族をついぞ全員亡くしたことになることを思えば、ひとりだけ取り残された孤独感は人一倍だろうと思うのに、「元気な限りお姉さんの分まで出歩かなくちゃ」と断言。そんな母のちょっと無理のある前向きな姿勢を尊重すべく、予...
0

春まっさかりの九州④ 最後は、絶景唐津!

遠くの山並みの雲がどんどん掃けていく。今日はいい天気になりそうだ。あっこさんちから眺めるこの景色を見ると、図々しくも、ああ、帰って来たな、と思うようになってしまった。博多市内からクルマで30〜40分ほど行っただけでこの緑、この空気。いつ来てもうらやましい。前回はちょうど2年前の同じく春休み。まだNが4ヶ月の頃だ。東日本大震災で学校もずっと休校のまま、周囲の親子連れは放射線がこわいといってどんどん東京脱...
0

春まっさかりの九州③ 雨の熊本、霧の阿蘇

朝起きてカーテンを開けてがっくり。ああ、やっぱり雨だ。となるとNは抱っこ紐で行くしかないな。母子旅には天候ひとつが大きく影響する。とほほ。父親がいつの間にかいなくなっていることにもNは特に気づかず。でもなぜか興奮気味でホテルの朝ごはんビュッフェを食べさせるのも一苦労。わざと食べ物を床に落としたり、一度口に入れたものをペッと出したりでほとんど食べない…。ああ、朝ごはんだけで早くもぐったりの私。いかん、...

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索