FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

0

パスクワのイタリアから 〜7日目/Buona Pasqua!〜

Buona Pasqua!パスクワ(復活祭)の今日、ロレッラが通う丘の上の修道院のミサに参列。この小さな教会に大勢の人たちがぎゅうぎゅう詰めになって祝福を受ける。暑さ寒さも彼岸までと言うけれど、イタリアでは暑さ寒さもパスクワまでなのかも。こちらに来てから実は想像以上に寒くて、日本から念のためにと持参したユニクロのダウンがずっと手放せなかったけど、今日から打って変わってポカポカ春の陽気。花々がまぶしく咲き始めま...
0

パスクワのイタリアから 〜6日目〜

まだ8カ月の乳呑み子だったNを連れて母子3人で転がりこんだロレッラのところへ5年ぶりに。イタリアは昨日から月曜までパスクワ(復活祭)の休暇。大勢の人で賑わうOrvietoの街を歩いているとあちこちからBuona Pasqua!の声が。従姉の肉屋さんではパスクワ料理用の羊が飛ぶように売れていく。Città di Castello からフランチェスカたちも会いに来てくれて、イタリアにきて初めて時間に追い立てられることもなくゆったりと過ごせた一...
0

パスクワのイタリアから~5日目~

あっという間にボローニャを拠点に過ごす旅の前半も最終日。午後の列車まで、フランコじいじと最後のチェントロ散策。サンドメニカ寺院からボローニャ大学へ。「Mはあと五年で18歳か。うちに下宿させるとして…、よし、まだ元気でいられるだろう」とすっかりボローニャ大学に行かせる気になってるし。最後の昼ごはんは、ネリーナとフランコの旧友であるアンナも一緒に。私にとって、初めて料理修行で訪れた17年前のボローニャで、実...
0

パスクワのイタリアから〜4日目〜

今回の旅の大きな目的のひとつ、それは、会える人に会っておくこと。私が料理を習ったマンマたちもどんどん年老いていく。そして私も、歳を経るに連れて、周囲を取り巻く環境は、身軽にイタリアに飛べることが少しずつ難しくなっていくことを自覚している。だから、行ける時に行っておく。そして会いたい人には会える時に、何べんでも会っておく。それがいつの間にか信条になってしまった。モデナの私の姉、エリザベッタは、自分に...
0

パスクワのイタリアから〜3日目〜

同じく17年前の恩師の一人、マリア。その後、息子さんが縁あって知り合った日本人女性T子さんと結婚し、今やこうして家族ぐるみでお世話になっている。昨日はマリアとパスクワのお菓子、Pastiera Napoletana 作りのあと、夜はみんなで一足早くパスクワのCenone。相変わらず職人のような細かい工程と緻密な工夫を重ねたマリアの料理はどれもこれも完璧。...
0

パスクワのイタリアから〜2日目〜

じいじとチェントロを散歩。じいじはすぐにいろんな人とエンドレスな立ち話が始まっちゃうからなかなか先に進めない。しかも行く場所はかなりマニアック。そしてじいじが撮ってくれる写真はみんなブレている…午後はボローニャ料理の重鎮シスターズのところへ。私が彼女たちに料理を習った時からもう17年。とにかくできるだけ会っておきたくて。今夜は、いつの間にか私が日本食を作ることになっていて、ありあわせのもので餃子、ほ...

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索