FC2ブログ

イタ馬鹿日誌

昼は会社員、夜は母、週末は自宅で料理教室。ristorante-ritz.comのイタリア馬鹿な日々。

0

栗祭り2015!

【Corso di cucina/ il 22 settembre~秋だ!栗だ!松茸だ!料理教室】Fritto di Matsutake 松茸のフリット、Gnocchi di castagne 栗のニョッキ、Rotolo di pollo con castagna栗入り鶏のロール焼き 栗ソース、Tiramisù di castagna栗のティラミス料理に使うのなんてもったいないと罪悪感を感じながら小布施から取り寄せた栗を、ひたすら茹でて剥いて裏ごして…これでもかってくらい栗の味がどこまでもちゃんとするレシピが完成しま...
0

...
0

イタリアスマホ通信改めMacBookAir通信2012夏⑧

農家のマリオとクラウディアの家に私が初めて居候したのは、まだ子供も生まれる前、身軽に料理修行をしていた11年前のこと。そのときも、まったく同様にチェチナの駅までクラウディアに送ってもらい、おそろしく高いステップをのぼらないといけないイタリアの鉄道車両にクラウディアにスーツケースを積み上げてもらいながら「いい?おりる時はそこらへんにいる人を取っ捕まえて“Mi da una mano per favore?”(ちょっと手を貸してく...
0

イタリアスマホ通信2012夏⑦

駆け足だった怒涛のシチリアに思い残すところあれど、イタリア本土に来るとやっぱりものすごーくホッとしてしまう悲しい性。久々のラグーにもむさぼりついてしまう。夫は今朝早々に、一足先に日本へ。私たちは明日ローマへ移動。クラウディアにもらった親戚の中古ベビーカーとスーツケースとコロコロキャリーと手荷物3つと、何より一歳児かかえて果たして無事に電車で行けるんだろうか…。嵐と嵐の間のつかの間の休息もあと半日。...
0

イタリアスマホ通信2012夏⑥

早朝、トラーパニの小さな空港から悪名高きライアンエアーに無事スルーで乗車して、通い慣れたチェチナの家へ。ひとつの家族の10年には様々な喜びと悲しみが訪れることを図らずも痛感することになる。トスカーナにおける私の父母、マリオとクラウディアとの二年ぶりの再会のはずが、訳あって一家の大黒柱でありMの親友でもあるマリオがいない家。当初はピサ空港までクラウディアが迎えに来てくれるはずが、息子が行くからねと言わ...
2

イタリアスマホ通信2012夏④

アグリジェントから少し遠出して、まずはピアッツァ・アルメリーナへ。戦後に発見、発掘された紀元300年の貴族の別荘跡。それこそテルマエロマエみたいな浴場に体育館に応接室にとまるで大神殿そのものの遺跡。床一面の最古のモザイクが圧巻。中でも有名なのがこのビキニ姿の10人の少女。シチリア内陸部の反映を裏付ける貴重な遺跡とか。確かに、内陸の、なんにもないのどかな丘陵地帯を延々と走ると忽然と現れる。しかしなんでま...

Profilo

ritz

Author:ritz
イタリア家庭料理研究家
本業は広告代理店コピーライター
1999年以来、毎年有給休暇を使い果たす作戦でイタリアへ料理修行。年に1〜2回のペースで子連れでイタリアの農家やマンマの家々を転々としています。
HP→http://www.ristorante-ritz.com
Facebook"マンマの台所Ristorante Ritz"→https://www.facebook.com/ristoranteritz/

著書に「トルテリーニが食べたくて」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
U.M.A.O.オリーブオイル鑑定士
イタリア料理、子育てから、日本の旅、秘湯まで。

Calendario

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索